2008年05月31日

5月31日は世界禁煙デー

数年前から知っていた
5/31は世界禁煙デーであることは

こんな私でも禁煙を体験したことがある
最長で約2ヶ月くらいだったかな〜
遠い昔?の記憶である
足の骨を折ってしまい入院生活を余儀なくされて
強制的に吸えない環境下だと吸わなかったよ
退院後には立派な喫煙者に戻っていたのは言うまでもない(笑)

つい最近は「プチ禁煙」をゲリラ的に敢行したがあっけない幕切れも・・・
※ブログ記事「なんとなく???な気分」でシリーズ化していますのでよろしければご覧ください(4/22〜4/29)

世界禁煙デー
極端な禁煙活動はちょっとどころかかなり引いてしまうが、こんな一日があってもいな〜と思う

禁煙に挑戦される方は継続できますように
私は気が向いたときにでも?全く未定です(笑)

まぁのんびりマイペースでいきます(´ー`)y-~~

人気ブログランキングへ
posted by エム at 22:37| Comment(1) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

続・雑感「喫煙者はお断り」4

「喫煙者を採用しない企業」

喫煙者を採用しなかったら差別といえるかどうか?

嫌煙家・反タバコ活動家の方の中には「差別とはいえない」風潮があるようだ
もちろんこれを差別と感じるかどうかには個人差があるよね

「差別」というのは・・・
時間のある方は検索するなり辞書を引くなりして確認してみてくださいな

個人的には単純に読んで字の通り
「差をつけて区別すること」と認識しています
間違っている認識かな???

企業の採用条件だとしても
ちょっとした差別だな〜と感じるんですよ
このことについては過去にブログ記事でとりあげています
http://mildsevenlights.seesaa.net/article/25135405.html

たとえば「運転免許を持っている人を雇う」「宅建免許を持っている人を雇う」とか・・・資格と同じレベルではないと思うんだけどね

前回記事のコメントで少々触れましたが

「喫煙者に限る」
「非喫煙者に限る」

個人的には企業が上記のような採用方針を打ち出したら喫煙者・非喫煙者ともに単純に違和感を覚えるだろうなと思うのですよ

人気ブログランキングへ
posted by エム at 23:24| Comment(9) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

川田亜子さん自殺

川田亜子さんが自殺
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000939-san-soci

元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が自殺した

彼女に何が起こっていたかはまったくわからない

人がこの世に生まれてきてからの最終目標は「死」なのである

いずれは皆死んでいく

自らそれを選択しなくても・・・・・
残念である

「生きたい」と願っても願い叶わずに亡くなられる人もいれば、自ら命を絶つ人もいる

人生とは不公平なものだ
posted by エム at 20:41| Comment(1) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

続・雑感「喫煙者はお断り」3

「喫煙者を採用しない企業」

いやだったら入社しなければいいだけだ

そんなのは分かっているよ
採用条件が「非喫煙者に限る」だったら応募もしません

逆のパターンを挙げてみるとどう感じるだろうか?
採用条件が「喫煙者に限る」だったら・・・

違和感を覚えませんか?

人気ブログランキングへ






















posted by エム at 19:15| Comment(11) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

続・雑感「喫煙者はお断り」2

ちょっとシリーズ化していこうかと思っている・・・
テーマは
「喫煙者はお断り」

前回のブログ記事
http://mildsevenlights.seesaa.net/article/97498711.html

「採用予定者は非喫煙者に限る」
こんな方針をうちだす企業もチラホラ現れ始めた
ブログを立ち上げた当初にWHOが喫煙者を採用しないってことで記事にとりあげた経緯がありますが、日本企業も感化されてしまって・・

身が震える思いだよ
怖いよな〜

喫煙を迷惑に感じている方にとっては
社内が全面禁煙になったことで十分じゃないの?

それ以上を望んでいるんですか?

人気ブログランキングへ

posted by エム at 21:43| Comment(0) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

雑感「喫煙者はお断り」

喫煙者はお断りですか?

紫煙一掃 天童、従業員1000人の企業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080518-00000006-khk-l06

「新規採用予定者も喫煙者はお断り」。天童市の精密部品製造業「エムテックスマツムラ」(松村英一社長)は17日までに、関連会社を含む山形県内全6事業所で全面禁煙に踏み切った。約1000人の従業員が敷地内で喫煙することを一切認めず、来年度の採用予定者も「非喫煙者に限定する」という徹底ぶりだ。健康対策に加え、「喫煙による生産性の低下を考慮した」(管理部)という。6事業所に各1カ所あった喫煙場所は4月末で廃止。来客の協力も得るため、受付や応接室に「終日禁煙」と記したプレートを設置してある。同社は約10年前の健康診断で何らかの異常が認められた従業員の割合が、全国平均の4割を大幅に上回り6割となったことを受け、従業員の健康づくりに力を入れるようになった。禁煙対策はその柱で、禁煙外来がある東北中央病院(山形市)の大竹修一医師らを招き、「禁煙啓発講演会」を開いたり、希望者に禁煙補助薬を勧めたりした。禁煙達成者に現金(2万円程度)を贈る制度もあったが、非喫煙者から「不公平だ」との不満の声が上がり、廃止した。こうした取り組みはいずれも、松村社長が強力に推進した。昨年11月には松村社長が全従業員を集めた朝礼で、半年後からの全面禁煙を宣言。「たばこは健康にも悪いし、生産性も落ちる。熟練の技術者に65歳まで元気に働いてもらいたい」と理解を求めた。半導体製造などにかかわる従業員が、たばこを吸う度に防じん服を脱ぎ、再び着用することについても、「作業の能率を落とす」と判断した。県が県内567事業所を対象に実施した2005年の実態調査では、「敷地内を全面禁煙とした」と回答したのは、いずれも従業員100人未満の8事業所にとどまった。県健康やまがた推進室の担当者は「1000人規模の事業所でこれほど徹底した禁煙対策は県内では聞いたことがない」と驚き、「ほかの企業の模範となる」と歓迎している。10年の取り組みの結果、喫煙者は現在、全体の3割に減ったが、「どうしてもやめられない」と反発する従業員もいるという。こうした点について、里見幸久管理部長は「禁煙しろと言うだけではなく、粘り強くサポートする。それが従業員の健康にも、会社の業績にもいい結果をもたらす」と強調している。


そうらしいね

全面禁煙に踏み切るのはその会社の「方針」であり、へぇ〜そうなんだ位にしか思わないけど、喫煙者は採用しないって・・・

社内を終日全面禁煙にするだけでいいんじゃない?
そこまでやらなくても

単純にそう思うけどね

プライベートな喫煙も許されない会社というのは違和感を覚えます

それは私が「喫煙者」だから
そしてきっと「非喫煙者」でも同様に感じている人がいるでしょう

人気ブログランキングへ

posted by エム at 23:25| Comment(0) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

和田アキ子「生意気」加護をバッサリ

アッコ「生意気」加護をバッサリ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080518-00000068-sph-ent
歌手・和田アキ子(58)が17日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」に出演し、復帰会見した元「モーニング娘。」の加護亜依(20)を「生意気」とバッサリ切り捨てた。加護は未成年時に2度の喫煙が発覚して事務所を解雇、16日に2年3か月ぶりに公の場に姿を見せた。「(今後の仕事は)やりたいと思うオファーがあれば」との発言に、アッコは「生意気ちゃう? 何でもやらせていただきます、が普通でしょ?」と苦言を呈した。またリストカットの過去を明かしたことに「告白せんでもいい」。早期復帰をしたことにも「芸能界は甘くねえぞ」と怒っていた。


加護亜依も芸能界に復帰せずにごく普通の生活を選べばよかったのに

今後のタレントとしてどんな活動するか分からないが
喫煙で謹慎⇒事務所を解雇された経歴を活かして
「加護亜依でもできた!魔法の禁煙法!」
とか出版すれば少なからずとも売れるんじゃない?
(確かタバコは止めたらしい)

また、現在の未成年者喫煙防止の「タスポ」カード普及のキャンペーンガールになるとか?

仕事につながるかどうかは別としてタバコ関係で2つもあるじゃん!

まぁどうでもいいですけど

和田アキ子のコメントはなんだかなぁ
芸能界の大先輩として多少は応援するようなコメントをだしてもいいとは思うけど、相変わらずだな

人気ブログランキングへ
posted by エム at 20:01| Comment(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

不思議に思うこと・・・その1

雑感を少々

Q&Aサイト(教えて!goo )にあった質問内容
「松沢神奈川県知事の方針」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3953633.html

神奈川県の禁煙条例案に対しての質問なのだが
質問者が「嫌煙者で、この条例制定歓迎という方は、申し訳ありませんが、ご回答はご遠慮ください」と明記しているのにも関わらず回答してくる嫌煙者がいるのには閉口

質問者もうんざりしたのか?すぐに回答は締め切られている・・・
モンスター嫌煙は手に負えないね

人気ブログランキングへ
posted by エム at 21:43| Comment(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

予告通り「私がコンビニでタバコを買う理由」

前回の記事で最後に予告した通りに
私がコンビニでタバコを買う理由を挙げてみます

特に大した理由があるわけでもないのですが・・・


大まかに挙げると以下の3つ

1.ポールモール・ライトが置いてあるコンビニ
これが置いてないと始まりません
他の銘柄はあまり買う気にならないのだよ
最低でもカートンで買ってこそ真のポールモーラーかな(笑)


2.クレジットカードが使えるコンビニ
現金で買うのがもったいないような感じ・・・
カードのポイントも貯まるし一石二鳥!


3.店員の接客が好感の持てるコンビニ
実はこれが一番重要だと思っている
気分よく買いたいのに接客が横柄だと買いたくないんだよね

エム「タバコお願いします」
店員「ポールモールライトですね」

中には銘柄を覚えている店員がいる
なんとなく照れるよ(笑)

まぁ以上のような理由だけど
たまたま仕事途中に立ち寄ったコンビニでポールモールが置いてあり、クレジットカードが使えて店員の接客がよかったのでこれからもお世話になろうと思っている

あまりメジャーなタバコじゃないのでおそらくカートンで買う客はオレくらいだろうなぁ(勝手な推測)

いつものコンビニで買うようになってから1年以上は経っていると思うけど、これからも頼みましたよ!
サンクスさん!

人気ブログランキングへ
posted by エム at 21:11| Comment(4) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

タスポ導入1週間 街のたばこ店“悲鳴”自販機売り上げ激減

タスポ導入1週間 街のたばこ店“悲鳴”自販機売り上げ激減/鳥取
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000280-mailo-l31
◇対面販売のコンビニに流れる
未成年者の喫煙を防ぐため7月から全国のたばこ自動販売機に成人識別装置が義務づけられる。今月1日から県内でも大半で導入され1週間が経過した。識別装置の余波で顧客がコンビニに流れ、零細のたばこ店を窮地に追いやった。街のたばこ店からは店主の悲鳴が聞こえる。県内のたばこ店15軒に取材したところ、大半の店が自販機で売り上げが半分以下に落ち込んだという。1割に激減した店もあった。店全体の売り上げも大半の店が「落ちた」と答えた。県内の推定喫煙人口は15万2000人。うち、自販機でのたばこ購入が可能になる写真入りICカード「タスポ」を持っている人は12%に過ぎない。対面販売にはタスポなどは不要なため喫煙者の多くがコンビニに流れたという。コンビニ大手のローソンによると、3月からタスポが先行稼働した鹿児島と宮崎では、たばこの売り上げが前年同期よりも6割も増えたという。社団法人日本たばこ協会はインスタントカメラをたばこ店に貸している。発行に顔写真と身分証明書が必要という面倒な手続きを少しでも簡単にしようとしているが、普及は進んでいない。店主が客にタスポを貸して自販機で買ってもらうこともしばしばという。運転免許証による識別は許可されている。目や口の大きさ、配置など顔の造りから判定する「顔認証システム」も開発され、県内で22台が稼働している。財務省たばこ使用事業室は「未成年者の喫煙を防ぐことが第一で、識別方法はさまざまあっていい。第3、第4の識別システムが出てくる可能性もある」と話す。しかし、全国でタスポを導入した自販機はすでに90%に当たる41万355台。タスポの普及率が低いまま、大半の自販機でタスポがないと購入できなくなる。コンビニへの顧客の流れは止まりそうにない。



売り上げ減は予め予測できたことかもしれない

未成年者が自販機でタバコを購入できなくなったことも要因のひとつと考えられる(個人的推測)

これは本来の目的「未成年者喫煙防止」の役目を十分果たしている

対面販売はコンビニ同様、街のタバコ屋もやっているだろう

さすがに24時間営業しているタバコ屋は見たことないが・・・

そして「タバコ」だけを生業としている店もあまり見かけたことがない

事情はそれぞれあると思うが売り上げの多数をタバコ自販機だけに頼ってきた店は
厳しいかもしれない

タスポの普及率が大幅にUPしても果たして?
一度遠のいた客足が戻ってくるかどうか・・・

人気ブログランキングへ

次回記事予告
「私がコンビニでタバコを買う理由」
乞うご期待(笑)
posted by エム at 00:14| Comment(4) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

囲い込み

5月1日(木)より北海道・東北・九州・中国・四国地方(1道20県)のたばこ自動販売機で成人識別が開始されている

タスポがないと自販機ではタバコが買えない時代

オレの住んでいる神奈川県では7/1より稼動開始の予定
いつでも作れると思って未だにタスポは申し込んでないよ

もっぱらコンビニでカートン購入なので困ることはないのだが・・・・

「喫煙者は囲い込まれてアホだ」

そんなコメントをネット上で見かけたんだけど

タスポに限らず今の時代は良くも悪くも気が付かないうちに

何らかに囲い込まれていると思うんだけどね

ほとんどの方が持っているであろう「携帯電話」にしても・・・


いざというときに持っていると助かるので
稼動直前に駆け込みで作る予定のタスポ

自ら進んで囲われることにしよう(笑)

人気ブログランキングへ
posted by エム at 21:11| Comment(8) | 煙草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。